「美味しんぼ」じゃなくて「所沢ウマイんぼ」inオオグシカレー堂。題して「町おこし!サトイモ編4」

画像

「おやき」と言えば、皮。小麦粉、塩ひとつまみ、水を用意。ボールに小麦粉と塩を入れて、水を少しずつ加えこねる。森山中の村上になった気分~いやいや今は岡星さんでしょ。妄想を交えながらこねこね。生地が馴染むように、ラップして寝かした。
いい子だねぇ、トントンなんてやっている暇はない…次に中に入れる具材作り。
里芋、トリの挽き肉、を鍋に入れ、「恋も咲くところ」とスープで煮込む。ネギとパンチを効かせる為に生姜、片栗粉でトロミをつけて完成。
味見をする。「ヤバい、ビンゴ!旨すぎるぅ~。」おやきの具はおかずっぽいものが一番旨い。生地はどうかな。ウフッ完璧!
一口大に切り分けて、丸く伸ばす。具を中に入れて包み、フライパンで蒸し焼きした。
オオグシ夫にジャッジしてもらう。
パクリ、中からジュワ~と、スープがしたたり、里芋のホクホク感。「ハフゥ。アチィ~、ホーホフゥ。」オオグシ夫、なにしゃべっているんだ。感想をお願いいたします。
「旨かっ!いいよ。すごいじゃん。」
オオグシ妻もパクリ。「私、天才だわ!」出た~。自分褒めです。

時間です。さぁプレゼン!所沢商工会議所の町おこし委員会の方々に試食していただきました。
やはり、おやきは大好評!サトイモロールケーキも斬新と味と共にお褒めいただきました。
ここで、何故サトイモなのか…伝えたいと思います。所沢は里芋の親芋がたくさん廃棄処分されているそうです。そこで有効利用しようと、町おこし委員会で、サトイモ焼酎を作ったとのこと。今年で二年目で、所沢の人々にもっと「恋も咲くところ」を知ってもらいたいとのことでした。
今、飲んでみたいと思ったアナタ。オオグシカレー堂では、「恋も咲くところ」を常時置いてあります。また市内の酒屋さんでのぼりがある所に販売中です。
また「おやき」を食べた~い人、1こ150円であります。数に限りがありますので、早い者勝ちです。オオグシカレー堂は町おこしにのっかり、いや協力します。皆さんも是非ともご参加のほどよろしくお願いいたします。

画像
画像
画像
画像

"「美味しんぼ」じゃなくて「所沢ウマイんぼ」inオオグシカレー堂。題して「町おこし!サトイモ編4」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。